mvnoでエリアメールを受信する方法

mvnoを利用する際の問題点とは

mvnoとは簡単に言えばネット回線のプロバイダーのようなものです。最近、大手キャリアの回線を利用して色々なmvno業者から格安スマホ、格安SIMカードを売り出されているので、一度は耳にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。
このmvno、利用することでスマホ端末をよりお得に運用していくことができるので利用者にとっても非常にメリットが多いのですが、その反面で注意していかなければいけない点もあります。
まず一つが大手キャリアが用いているキャリアメールを一切使用できなくなるという点です。最近ではこれによって不利益が講じるということもあまりないのですが、人によっては不便になる部分もあるかもしれません。
さらにmvnoを利用する場合、その使用するスマホ端末によってはエリアメールに対応していない場合があるのです。このエリアメール、中には聞きなれない人もいるかもしれませんが、地震速報や災害情報などの配信を行っているサービスのことです。緊急時や災害時にこうした情報をチェックできないとなると、少し不便になることもあるかもしれません。
これからmvnoを利用していくという人は注意しておくといいでしょう。

格安スマホでエリアメールを受信するには

前では格安スマホでエリアメールを受信できないケースがあると説明しましたが、もちろんすべて格安スマホでそうなるというわけではありません。というのも、このエリアメールというサービスはそのエリア内にある端末すべてに無差別で情報を配信していくものなので、本来ならばたとえmvno端末であっても反応はするはずなのです。
ただ、その機種が海外向けに作られたもの、もしくは海外製のものだと日本独自のこのサービスに対応しきれないケースもあるのです。
ですから、格安スマホでこうしたエリアメールを受信していきたいというのであれば、機種選びの段階でそのチェックをしっかりしておくことをおすすめします。国産の格安スマホや大手キャリアで販売されている機種であれば、ほとんどのケースでこのエリアメールに対応しているので、こうした点も参考にしていってみてはどうでしょうか。
もしも災害、緊急事態が起こったとき、瞬時に対応できるように、より安全にスマホを活用していけるようにこの点だけはしっかりと押さえておくようにしていきましょう。これから格安スマホに乗り換えるという人は特に、注意していくようにしていくことをおすすめします。

格安MVNOおすすめ比較ランキング

格安MVNOおすすめ比較ランキング

おすすめ
rank03_01DMM mobile
詳細 コストパフロマンスが売りの「DMM mobile」。「バースト機能」などすごく便利な機能が魅力的。価格競争をリードする会社でなんと全プラン業界最安値です!!今後も他社が安くなればそれ以下に設定していくような最安値を意識した価格設定となっており人気No1、おすすめNo1として浮動の業者です。月ごとのプラン変更もできるのでまずは申し込み時には通話専用SIMなら月1G:660円、音声SIMなら月1,260円のプランでも込むのがよい。使ってみて通信料が足らなければ翌月からプラン変更して自分にあったプランをじっくり選べるのもユーザーに優しい。DMM mobileは全プラン業界最安値!!詳しくはこちらから! DMMが提供するMVNOのモバイル通信サービス。低速通信の時でも最初の間だけ高速通信してくれる「バースト機能」がすごく魅力的。データSIMと通話用SIM両方用意されている。6種類とプランは豊富。コストパフォーマンスが最大の魅力で人気が高い。
  • 月額料金 660円~
  • 回線 docomo
  • 音声通話プラン あり
rank03_02UQ mobile
詳細 KDDI子会社から登場した、新しい会社。今注目の格安MVNOサービス! ⇒2GBでなんと月々980円(税抜)~!【UQモバイル】 KDDIバリューイネイブラーが提供するMVNOのモバイル通信サービス。料金プランは厳選されていて4種類しかない。大きく分けると月間2GBの高速通信が使えるプランと、低速だが無制限に使えるプランがあり、どちらも人気が高い。音声通話SIMを選ぶことも可能。docomoのMVNOを意識したサービスとなっている。
  • 月額料金 980円~
  • 回線 au
  • 音声通話プラン あり
rank03_03NifMo
詳細 プロバイダとして有名な@niftyの関連。安心感ではNo1! ⇒@niftyから得するスマホ「NifMo」新登場! @niftyのニフティ株式会社が提供するMVNOのモバイル通信サービス。音声通話対応プランも選べる通信サービスもさることながら、付加サービスも充実しており、中でも専用アプリ経由でショッピングをすると毎月の料金が安くなる「NifMo バリュープログラム」が非常に特徴的。公衆Wi-Fiサービスが追加料金なしで利用できるメリットもある。老舗プロバイダによる確かな品質と便利さを備えた格安SIMだ。
  • 月額料金 900円~
  • 回線 docomo
  • 音声通話プラン あり
おススメY!mobile ワイモバイル
詳細 「イー・モバイル」および「ウィルコム」のブランド名およびロゴが「Y!mobile」に統一! わかりやすい料金体系がスマホ初心者の方に魅力的なサービスです。 ⇒ワイモバイルのスマートフォンなら2,980円! Y!mobileのスマートフォンなら、 【通話もメールも電話も使い放題!月額2,980円(税抜)!!】 ●「Nexus 5」や「DIGNO T」等がMNPで端末価格実質0円キャンペーン中♪ 人気機種「Nexus 5の32GBモデル」や「DIGNO T」等が、ドコモ、auからの乗り換え(MNP)+スマホプランM選択で端末価格が実質0円になるキャンペーンを実施中!
おススメOCN モバイル ONE
詳細 格安MVNO。OCNブランドでネームバリューでも安心! ⇒今話題のパケ代節約術とは? NTTコミュニケーションズが提供するMVNO通信サービス。プロバイダで有名なOCNだけあって、格安MVNOもすごく優れたサービスです。プランは高速通信も含めて5種類。容量追加やSIMカード追加など、多くのオプションがあるのも魅力。キャンペーンにも力を入れているので是非キャンペーンを利用してほしい。
  • 月額料金 900円~
  • 回線 docomo
  • 音声通話プラン あり
おススメ楽天モバイル 通話SIM
詳細 音声通話がお得に使える、楽天のSIMカード! 楽天モバイルならスマホの料金が超お得! ネット通販で有名な楽天のサービス。「楽天ブロードバンドLTE」と同じく、楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズが運営するMVNOのモバイル通信サービス。「楽天モバイル」は端末とのセット販売がメインのサービスではあるが、SIMカードのみの販売もある。「楽天ブロードバンドLTE」と違い音声通話機能付きであることが魅力。プランは4種類で。もちろんMNP転入も可能。中でも高速通信容量なしで料金を抑えた「ベーシックプラン」が魅力だ。携帯電話番号を安く維持したい方におすすめ。
  • 月額料金 1,250円~
  • 回線 docomo
  • 音声通話プラン あり
IIJmio
詳細 最近人気が上昇中のMVNO。サービスが細かいのが魅力的! IIJが提供するMVNOのモバイル通信サービス。音声通話機能「あり」も「なし」もある。音声通はありは「みおふぉん」という愛称で親しまれている。高速通信のデータ量を「クーポン」で取り扱っているというところがIIJmioの特徴です。毎月一定の量が配られるほか、追加クーポンを足すことができたり、クーポン利用のON/OFFを切り替えられたりと、ユーザー自身でコントロールできる長所がある。柔軟性が持ち味の格安SIMだ。 ⇒NTTドコモのLTE対応・広いエリアと高速通信。IIJmioの格安SIM
  • 月額料金 900円~
  • 回線 docomo
  • 音声通話プラン あり
IIJmio
U-mobile
詳細 USENの関連会社で、安さが魅力のサービス。 U-mobile(旧U-mobile*d)は、株式会社U-NEXTが提供するMVNOの通信サービス。運営会社はUSENから分離独立して誕生した新しい会社。社名と同じ名前のビデオ・オンデマンドサービス「U-NEXT」も展開中している。U-mobileの魅力はその安さ。他社に先駆けて低価格なプランを提供する攻めの姿勢が見て取れる。高速通信が無制限の「LTE使い放題」プランがあるのも無力。
  • 月額料金 680円~
  • 回線 docomo
  • 音声通話プラン あり
U-mobile: ユーモバイル
ぷららモバイルLTE
詳細 プロバイダとしてのネームバリューと信頼性! NTTぷららが提供するMVNOの通信サービス。2種類の定額プランと、定額無制限プラン、二段階定額プランという計4種類。「定額無制限プラン」は登場した時から今でも大人気。ほかには、セキュリティ機能が無料で利用できるほか、「ひかりTVエントリープラン」が追加料金なしで楽しむことができるのがメリット。ネットを楽しむのに適した格安SIMだ。信頼性も高い。
  • 月額料金 900円~
  • 回線 docomo
  • 音声通話プラン あり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

データSIM
月1G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 660円
2 freetel mobile 670円
3 BB.exciteモバイル 750円
4 U-mobile 790円
5 mineo 850円
月2G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 770円
2 ASAHIネットLTE 800円
3 BB.exciteモバイル 870円
4 freetel mobile 880円
5 NifMo(ニフモ) 900円
5 BBIQスマホSIM d 900円
月3G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 850円
2 ワイヤレスゲート 852円
3 楽天モバイル 900円(3.1Gバイト)
4 IIJmio 900円
4 NifMo(ニフモ) 900円
月4G
順位 サービス 料金
1 NifMo(ニフモ) 900円
月5G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 1270円
2 ワイヤレスゲート 1278円
3 楽天モバイル 1450円
3 OCNモバイルONE 1450円
5 U-mobile 1480円
月7G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 2040円
2 freetel mobile 2480円
3 NifMo(ニフモ) 2800円
4 b-mobile X SIM 2980円
月8G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 2140円
2 ワイヤレスゲート 2297円
3 BIGLOBE LTE・3G 2838円
月10G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 2250円
2 楽天モバイル 2260円
3 IIJmio 2560円
4 hi-ho LTE 2838円
5 BIGLOBE LTE・3G 3790円
音声SIM
月1G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 1260円
2 freetel mobile 1270円
3 mineo 1460円
4 BIGLOBE LTE・3G 1600円
5 Y!mobile 2980円
月2G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 1470円
2 freetel mobile 1480円
3 mineo 1590円
4 NifMo(ニフモ) 1600円
4 BBIQスマホSIM d
月3G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 1550円
2 U-mobile 1580円
3 楽天モバイル 1600円(3.1Gバイト)
4 IIJmio 1600円
4 NifMo(ニフモ) 1600円
月4G
順位 サービス 料金
1 NifMo(ニフモ) 1600円
月5G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 1970円
2 U-mobile 1980円
3 楽天モバイル 2150円
3 OCNモバイルONE 2150円
5 IIJmio 2220円
月7G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 2740円
2 freetel mobile 2880円
3 NifMo(ニフモ) 3500円
4 Y!mobile 5980円
月8G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 2840円
2 BIGLOBE LTE・3G 3738円
月10G
順位 サービス 料金
1 DMM mobile 2950円
2 楽天モバイル 2960円
3 IIJmio 3260円
4 hi-ho LTE 3538円
5 BIGLOBE LTE・3G 4690円